So-net無料ブログ作成
検索選択
にいがた冬・食の陣 ブログトップ
前の10件 | -

酒の陣じゃないけど食の陣 [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。


にいがた冬 食の陣 古町会場にて、チョコレートビールなるものが。
角煮と一緒にいただきます。

チョコレートビール400円byエチゴビール。
やんわりほんのり甘い黒ビールですが、黒ビールよりも苦味が押さえられてて
飲みやすいカンジ。女性向け黒ビールです。



古町7番町の酒屋さんが毎年出しているグリューワイン300円。
シナモンなどのスパイスやらハチミツやら(入ってるのかな?)で、
あったかいカクテル感覚なグリューワインをグイッと一杯。
グリューワインは新潟市東区海老ヶ瀬インター近くの、エスクイント本店にて
量り売りもやってます。100mlで300円くらいだったかなー。瓶は持参か別売り。


ほっとビールはじめました。
珍しい飲み物には、どうしても手が出る舌が出る。

ビールが1合瓶と一緒にお湯に浸かっています。

なんだ、1本まるごとじゃないんだ・・・。

ほっとビール、300円(350円だったかも)。
帽子のような泡の下に黒っぽいビール。寒い古町ストリートには冷えたビールよりも
やっぱりぬるめの燗がいい~。でも1回飲んだらもういいかな。

結論 食の陣は、日本酒以外のにいがた酒の陣。

2008年2月9日土曜日午後12時ごろ はれ 新潟市中央区古町 にいがた冬 食の陣当日座にて


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食の陣、肉と麺 [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。



長岡市なかよしミートのジャンボフランク300円。350円の鴨汁とセットでは600円。


肉の海 佐渡に横たふ 豚のバラ  by罰尾魔蕉

エチゴビールの、越後もち豚角煮500円。底にはもやし、上にはネギ。
男性店員と女性店員がいますが、男性店員が盛ると6個、女性店員が盛ると4個。
オイ!ダメですな!でも味は見た目でノックアウト。
来るぞ、来るぞ、とわかっている16文キックを、敢えて受けるプロレス的な美学がそこに。
わかりやすい日本語で言うと、王道です。



ハルピン餐庁の刀削麺のテント。今話題の中国餃子についての張り紙が。
自家製手作り水餃子 食品添加物は一切使かッておりま也ん」
わかりました。

ショーウィンドーの前でトランペットを眺めるような、憧れの眼差しの子供

枕を削ってるよ!みたいなことを言ってました。確かに。

刀削麺300円。

ラーメンというよりは不均一な太さのうどん。それが坦々麺に入ってる、という仕上がり。
一口すすると、その辛さに必ずムセます。ゲホン、ゲホン!届けこの咳、鍋茶屋まで!

届いたろっか。



新コシヒカリラーメンの列に並びます。塩と醤油とありますが、醤油だな。

ワーン

ツー

スリー。出来上がり。

具はチャーシューとメンマとネギ。米でできたという麺は、つるつるしこしこと
唇のアタリがいい。みかづきのイタリアンを長くしたような食感に近いです。
どこぞのおっちゃんが、麺は売らねーのか、と酔っ払ったような勢いで、
店員さんに詰め寄ります。残念ながら麺は販売していないのです。

結論 これだけ食うと、夕飯いらねな。

2008年2月9日土曜日午後2時ごろ はれ 新潟市中央区古町 にいがた冬 食の陣にて


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四角い餅は、タテ半分に切るといい。 [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。


雪の萬代鍋400円。奥のカップは焼酎お湯割り梅入り300円。


萬代橋の恋模様を隠し味に、新潟美人の白い肌をタラのすり身で、
恋の赤い炎を南蛮海老のすり身で表現。スープベースは酒粕と味噌
レシピを考えた人は大阪狭山市の人でした。


あんこう鍋400円。食べませんでした。

実物。グロいです。



村上牛すじとろとろ雑煮500円。
とろっとろの肉とグットリとしたスープに、細ギリのもちがナチュラルにとけていき
トロトロ肉とトロトロ餅が細長く絡み合い、心までもうトロトロに。

その横で売られていた村上牛串焼き500円。

結論 もちは細く切った方が、すぐ柔らかくなるし食べやすい。

2008年2月9日土曜日午後2時ごろ はれ 新潟市中央区古町 にいがた冬食の陣当日座にて


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「新」新潟バーガーが買えるまでの時間は30分以上! [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。

にいがた冬 食の陣当日座に行ってきました。
おそらく古町で最も集客力のあるイベントかと。
目当ては、新しい新潟バーガーだったのですが、味はよかったのですが
提供されるまでの時間がとにかく遅い。
新潟にクリスピークリームドーナツはありませんが、
それくらい並ぶこと間違いなし!

注 この待ちぼうけ記事は、古町5番町の「新」新潟バーガーについてのみ書いた記事です。
   他の会場の新潟バーガーのブースは、即買い出来るところもあるはずです。


午前10時43分 古町5番町、食の陣実行委員会プロデュース
「新」新潟バーガーテント。ひたすら準備中。ビニールカーテンが下りているので、
中で作業しているねえちゃんに開店時間を聞くと、午前11時。


午前10時57分 まだまだ準備中。

既に20人くらい並んでいます。列と店の間が離れています。
ジャケットを着た店主らしきおっさんが、11時ちょっと過ぎに
ビニールカーテンを一部開けましたが、まだ開店ではないらしい。
メニュー名と値段を張り出し、まだまだテント内の調理作業は続きます。
カーテンが中途半端に開いているのに開店していない状態。
通りがかりの人達が買おうとしますが、並んでくださいと姉ちゃん達。


午前11時18分 ある程度出来上がってきた、白根ポークバーガー。


午前11時20分 テレビ局の取材。まだまだ店は開店せず。
イヤ、開店したっぽいけど最初の1組の客だけ捌いて、
その後2組目の客まで数分が経過した状態だったと思います。
イライラして並んでいるときの1分は通常の3倍の長さを感じます。
私の後ろに並んでいた2人組のおばさん(お姉さん)達、イライラがマックス
もーカメラなんか入れてんじゃねーよー、何分待たせんだー、
口を開いては文句ばかり。わかります、わかりますよ。


午前11時26分 やっと我々の番。たぶん6組目の客になると思います。
限定300食のコメコメスープ注文。ねえちゃん、自分の手にスープをこぼしました。
そのカップを置き、自分の手を拭き、新しいカップにスープを注ぎます。
お大事に。


午前11時27分 イカタコバーガー500円。
雰囲気としては、ヴィドフランスのお好み焼きパンに近いものがあります。
提供前にトーストするのですが、それにしてもバーガー全体が冷たい。
冬の屋外イベントの作りおきだから、こんなもんか。持ち帰ってチンして食べたいですね。
冷たくても、パテの風味や歯ごたえ、もちもちした独特の米粉バンズの食感は良好で、
それなりに満足な味でした。


同時刻 白根ポークバーガー500円。
背割りバンズに5mm程度のチャーシュー風な肉とサニーレタス等を挟み、
味噌だれをかけた、和~中華なホットドッグテイスト。これもそれなりに満足な味です。
紙からはずして食べると、タレが尻から垂れて、あなたのマフラーやダウンジャケットを汚します。


同時刻 コメコメスープ200円。
パンプキンスープ?ベースですが、ルーに小麦粉ではなく米粉を使ったと思われます。

写真を撮っていると、食の陣スタッフのねえちゃんから、
バーガーについてアンケートを求められました。
思ったままのことを素直に書きました。かなりヒドイ内容です。
ハンバーガーというファストフードなのに提供がトロいことについての文句ばかり。
改善案も書きました。
・事前にシミュレーションする
・役割分担をハッキリさせる
・長蛇の列を捌くプロ、ポッポ焼き屋台や有名ラーメン店に研修に行く
その間妻は地元新聞にもバーガーの感想を聞かれていました。

結論 「新」新潟バーガーは、スローフード、かも。

2008年2月9日土曜日午前11時半頃 はれ 新潟市中央区古町5番町 屋台前にて


午前11時37分 動線の大きいねえちゃん達。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にいがた冬・食の陣2007 その6 まつり気分 [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。


新潟駅東側通路の新潟県駅弁大会。
行列するお嬢さん方。


駅弁の横にはJRグッズが。


古町会場。


古町5番町奥のステージで働く、新潟お笑い集団NAMARAの方々。
こういうときの仕切り業にピッタリです。


肝いりアンコウ汁の味噌ベースを、ポリベール(バケツ)からぐわっと移動。


酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞー!・・・


山田太郎の使われ方。「兄ちゃん、腹へったヨ・・・」

山田太郎の使われ方その2。


ふるさと村会場、外。


ふるさと村会場、中。
2Fの飲食スペース・番屋と、焼き肉店・菜の花が開放中。
外や1Fの寒い席ではなく、ぜひお開放中の二階で、あったかくしてお召し上がりください。
風邪ひかないように。

結論 ピースサインは、顔に近づけるほど、水平に傾くほど、ギャル度が上がる。

2007年2月12日に下書きしました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にいがた冬・食の陣2007 その5 日本酒、カクテル、ホットワイン [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。

新潟といえば、米と酒。
日本酒のひとりあたりの消費量は、新潟県が日本一です。
そして、新潟は地元酒造メーカーのCMも、パチンコ屋のCMに次いで(?)多い。
私は正直言うと日本酒よりも焼酎の方が飲みやすくて好きです。
日本酒の冷はおいしすぎてグイグイ飲んで記憶がなくなるからね!


食の陣当日座、古町8番町の新潟の地酒コーナー
冷でも燗でも紙コップ1杯300円。
銘柄は、越乃寒梅、久保田千寿、〆張鶴、八海山、きりん山・山嵐、極上吉乃川。



お燗はタンポで行います。腹の底からあったまる、越後伝統式自然派内燃暖房燃料、
それが新潟の地酒です。



日本酒カクテル、1杯300円。
日本酒をベースにいろんなリキュールでカクテルをシェイク
客のおっちゃんが、カクテルはいいから酒だけくれーと言っていました。
そりゃそうだ、カクテルのベースの日本酒は全部、越乃寒梅ですから。

雪割草。

雪の華。日本酒、オレンジジュース、ライチリキュール。
他のレシピは忘れました。すいません。


通りに面した酒屋さんの前で、ホットワインと甘酒も販売中。

グリューヴァインというそうです。
ドイツで霜の降りる寒いときのワイン用ブドウ収穫の際に飲むそうです。
シナモンなどスパイスの効果で体があったまるとか。

というわけでグリューヴァイン300円。
あっためたワインはアルコールが飛んでなんとなく気の抜けた味がするように思えますが、
シナモンの香りのパンチが効いており、力強い。
ゲルマン魂!て腹の底が低音でうなっています。ドイツ車のエンジンもこんな感じか?

結論 寒いときのあったかい酒は心もあったまる。

2007年2月10日11日 はれ 新潟市 にいがた冬・食の陣当日座にて


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にいがた冬・食の陣2007 その4 ハムの人 [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。


食の陣会場にて、にいがた地鶏の宣伝中。
白い服を着た訛りの強い人は、関川村の女川ハムの社長です。
服の左胸から腰にかけてに、ハムおやじと書いてあります。


女川ハムの製品。読み方は、おんながわはむ、です。
バレンタインに向けてハート型のハム(ソーセージ?名前は「まごころ」)を考えたり、
関川村の売店では3パック1000円のところ、賞味期限が近いのを1つおまけしてくれたり、
青汁をすすめてマズイと言わせたりと個性的な社長。


今回も、自分の商品をいきなり鉄板で焼いて1皿400円で販売。
購入者には寸胴にとった自家製スープもサービス。


手づくりの証。「づ」の濁点も、手形デザインで出来ていることを君は知っているか?
「オラ方が真面目にねーぞー(丁寧)に作ってるすけ、いっぺん食べてみてくれっしゃ!」

結論 キャラ勝ちです。

2007年2月11日日曜日午後1時ごろ はれ 新潟市古町5番町 食の陣当日座にて


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にいがた冬・食の陣2007 その3 鍋地獄 [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。

にいがた冬・食の陣のメイン料理、鍋。
大なべや寸胴でたくさんの具とグツグツ煮た鍋は、具同士が交換する旨味や甘味、
鍋自身が起こす対流と相俟って、家庭では味わえない滋味が1杯およそ300円程度で
楽しむことができます。


万代会場のミネストローネ、400円。カーブドッチが伊勢丹のブースで作っていました。
チーズがカレースプーン1杯入っていましたが、下に沈んでしまいました。
結構脂の層が厚いですが、おかげさまで小雨交じりの会場でいただくには
ふさわしいアツさになっていました。


古町会場にて、5番町で昨年に引き続きタダで振舞われていた、にいがた十三汁。とみじる。
醤油ベースに牛肉、車麩、シメジなど、岩船郡あたりを意識したような
具の構成。よくわかりませんけど。
同伴者がアンケートに答えてレトルトの十三汁をコレもタダでもらっていました。



当初応募者が少なかったため、急遽締め切りを延ばしたという逸話がある
2006年度にいがた創作鍋コンテスト・和風部門優秀賞、雪の萬代鍋400円。
酒粕を混ぜた味噌ベースの鍋に、紅白のすりみだんごが浮いています。
中央にははんぺん、ユズのせ。すりみは海老とイカかなー。よくわかりませんが。
スープに紅く細い糸みたいなのが入っていした。海老のひげだ!
海老の旨味も仕掛けられていたとは。


真鱈の白子鍋500円。今回の鍋料理最高値。
まったりとした白子がお邪魔しますと思ったら上品にサッと舌から身をひく潔さ。
私は安い女じゃないわ、て感じですが、白子ってオスですよね・・・。


採算度外視っぽい200円のすいとんは、鍋の大きさが小さいのと、盛りが多いため、
すぐなくなります。5分待ち状態。

待っている間に、小麦粉の変わりに米粉を使ったカステラの切れ端をいただきます。
ふっわふわ、モッチモチ。

できあがり、米粉を使ったすいとん200円。かつおぶしが効いています。
表面に鶏の脂が浮いていますが、鳥肉はこの器にはナシ。盛る人の裁量に因ります・・・。
古町5番町にて。


ふるさと村にて、越の鶏カレー鍋300円、米粉パン付き。

鶏のほかに、トマトが入っています。ダシに使われたので味はほとんどなし。

結構スパイシーで、米のパンを浸しながら食べ進みます。
もうちょっとカレーが強くてもよかったかも。でも強くするとパンではなくご飯向きになっちゃうか。


越後鮭親子すいとん鍋300円。煮た鮭、生イクラ、みつば、ねぎ、大根など。
汁はウチで食べる雑煮みたいにアッサリなダシ。
すいとんは小麦粉製か、ツルッとしたのど越し。

それにしても、鍋食いすぎた。

結論 どれが一番うまかったか、というと、どれもソコソコです。派手さがない。
    もっとワイルドに!そのためにはデカイ具です。

2007年2月10日から12日 新潟市 にいがた冬・食の陣にて


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にいがた冬・食の陣2007 その2 栄光へのあの列車は酒田行き [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。

にいがた冬・食の陣、当日座の肉類。



手打ちそば処・みゆき庵の胎内牛串500円。
一緒に胎内高原ビールのピルスナーを頂きました。
古町8番町の入り口に漂う、炭火焼の香り。脂を洗い流す、ピルスナーの苦味。


新潟駅東側通路の越後もち豚味噌ホルモン焼き。


こっちは古町のホルモン焼き。古町はモヤシ混じりです。300円。
エチゴビールの屋台で一緒に販売。白飯ほしいです。
熱燗でもいいや。




豚肉のコシヒカリ、越後もち豚の串焼き500円。
ふるさと村では炭火で600円ですが、こちらはガスなので(?)500円。
側面から、もっと厚みがわかるように撮ればよかった・・・。


新潟ふるさと村にて、村上牛サーロインステーキ丼の列に並びます。
午前11時前だというのに、そこそこ行列。

これが村上牛サーロインステーキ丼、1600円。
一緒に見えるのは越後鮭親子すいとん鍋300円。
鮭も新潟県村上市の名物です。即席村上定食!

超レア焼き。焼き目の香ばしさを引き出しつつ、
動物性油脂が溶けて旨味に変わったギリギリのラインの火入れ加減が
ホロホロのやわらかさと広がる奥深い味わいの世界への片道切符。
栄光に向かって走る、あの列車に乗っていこう!

尚、肉の量は70gだそうです。
新潟伊勢丹の地下食料品売り場、肉コーナーで値段をチェケしてきました。
村上牛サーロインは、100g2800円でした。
ということはですよ、70gに換算すると1960円ですよ!
お得だった!

結論 村上に向かって走るあの列車は、羽越本線特急いなほ号酒田行きです。
    新潟~村上間は約50分です。

2007年2月12日月曜日午前11時ごろ 曇り時々小雨 新潟市ふるさと村にて


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にいがた冬・食の陣2007 その1 新潟バーガーは進化したか [にいがた冬・食の陣]

どうも。ニュータイプジョイントです。
今年で第15回目を数える、にいがた冬・食の陣。
2月10日、11日、そしてふるさと村のみ開催の12日に行ってきました。
またアレコレ勝手に写真撮って勝手にレポートします。

今年も集客のマグネットであった、各会場一日100個限定の新潟バーガー。
とは言っても、ゼッタイ100個以上売ってますね。

昨年はあんなに大行列を作っていた新潟駅東通路の大助屋台内のバーガー窓口、
今回は行列ゼロ。「くーださーいな♪」「ハイ、どーぞ♪」て感じでラクラク購入。
このスムーズさ、Suicaカードのようです。


海老しんじょバーガー500円。相変わらず値段、高いです。
海老すりみ揚げとシシトウ1個を米粉バンズに予め挟み包装、
会計時にレンジでチン。
やわらかくモチモチした歯ごたえ・舌触りはお年を召した方でも食べられる、
安心安全なハンバーガーといえます。


越後もち豚ヒレカツバーガー400円。これも去年と同じ値段。
やはりレンジでチン。肉が柔らかく衣につけてあるタレも甘め、
正統派タレかつ丼を踏襲した、新潟らしい仕上がりです。

さて、古町会場や万代会場、ふるさと村会場でも販売されていましたが、
どうも作り置きをレンジでチンしているのは新潟駅東側通路だけらしい。
(万代会場は売り切れで確認できず・・・)
古町会場は大行列を作っていました。
売り場をよく見たら、テントの中ではたくさんのオーブントースターで白いバンズを焼き、
バンズにレタスとカイワレらしきものを敷き、
ハケで甘そうなタレを塗った海老しんじょうをサンド。
もち豚カツバーガーも同様、できたてを販売。
こちらの方が、明らかにうまそうです。
行列も当然です。すぐ売り切れてました。
行列はイヤなので、古町会場の新潟バーガーは食べませんでした。

今度はふるさと村の新潟バーガー。


海老しんじょうバーガー500円。
こちらはカットレタスと紫タマネギをサンド、オーロラソース(?)添えです。
こちらも古町会場同様、出来立てを提供。
やっぱり新潟駅東側通路の海老バーガーは、たいしたことナイ!
出店業者によってレシピ、クオリティが違うのか?
よりクオリティの高い古町へ客が流れるのも当然。
並ばなくても買える駅の新潟バーガーを妹に勧めた俺、反省・・・。


越後もち豚ヒレカツバーガー400円。こちらも揚げたてのカツをドボッとタレにつけ、
キャベツと一緒に米粉バンズにサンド。
このカツバーガーはタレの量がしんじょより多くなることを見越して、
上下一体型のバンズを使用、上下のつなぎ目にタレがしみこみ、
最後までおいしく食べられる気遣いがなされています。
キャベツもレンジでチンしないからバリバリ、衣はザクザク。
ただ、タレに甘さはあまり感じられず、正統派タレかつ丼からちょっと遠いか。
肉はレンジのほうが、やわらかかったように思います。


海老しんじょうバーガーの方が行列。
海老をすり身にする分の値段でカツより100円増し、
と後ろに並んでいるおばちゃん、いや、お嬢さん。


ふるさと村では今回、外の屋台をテントからコンテナハウスにグレードアップ。
衛生面、商品のできたて訴求力、防寒による従業員モチベーションもグレードアップでしょう。

結論 新潟バーガーは成長期、各売場(各業者?)間で切磋琢磨して、
    よりオイシイ新潟バーガーを提供してください。

2007年2月11日午前10時40分頃 はれ 新潟市 新潟駅東側通路にて
2007年2月12日午前11時ごろ くもり 新潟市山田 新潟ふるさと村にて 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - にいがた冬・食の陣 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。